郷土博物館へようこそ!!
  昭和42年に誕生した東大阪市は、49万人のくらす、広さ62平方キロメートルのまちです。まちの東には標高642mの生駒山がそびえ、中央から西には、いく筋もの川が流れています。このような土地がらからこの地域は、古来から「かわちのくに」と呼ばれていました。郷土博物館では、町に人々がくらしはじめた約2万年前から昭和・平成時代までの道具や活動の跡をとおして、そのくらしぶりの一端にふれることができます。
 令和2年度 常設展示

「かわちのくに」
令和2年度特別展示

東大阪旅紀行開催中
 
   
 常設展示のようすは、下の「常設展示の概要」のページから
もみることができます。
   ・ご利用案内

・年間行事案内

・最新博物館だより

博物館のあゆみ

・販売図書の案内

・常設展示の概要

・館周辺の文化財