水走氏墓塔  五条古墳の西、約100mの住宅地のなかにあります。
水走氏は、平安時代から土地開発や枚岡神社の神官をつとめた土豪です。水走氏の館跡と推定される場所には、文化8年(1811)
に水走飛騨守忠良によってつくった高さ3.4mの石造の墓塔があります。市指定文化財になっています。
五条古墳  博物館の北、約500mに位置しています。1辺30mを測る方墳で、両袖式の横穴式石室は長さ12mです。かつて刀剣が出土したといわれています。

博物館周辺の文化財

-水走氏墓塔・五条古墳 -

博物館の周辺には、古墳のほか多数の文化財があります。
博物館の観覧の機会に、ぜひ立ち寄ってみてください。
文化財の位置 山畑古墳群
その1
山畑古墳群
その2
市杵嶋姫神社 客坊廃寺跡 五条古墳 水走氏墓塔 出合地蔵 旧春日神社 分水樋

 博物館の北、約500mには五条古墳と水走氏代々の墓塔があります。途中には、道幅の狭いところもあります。
周辺の文化財の位置へもどる