国史 跡・重要文化財
鴻池新田会所
相撲(河内名所図会)




会所のあらまし
資料のダウンロード

鴻池新田会所の
新しい案内パンフレット

ご観覧、貸室のご案内
鴻池新田会所への交通
過去の催し
お問い合わせ先
リンク
ギャラリー
・ 「会所を描こう」ギャラリー
・ 新田会所の雪景色
H21.1.19.文化財消防訓練

2006(平成18)年度秋季行事
秋季特別展 終了いたしました
村相撲の風景
 
9月23日(土、秋分の日)〜
11月26日(日)
 月曜休館(10月9日を除く)
主催 鴻池新田会所・財団法人 施設利用サービス協会
協力 八尾市歴史民俗資料館、鴻池合資会社、枚岡神社、
    弥刀神社、天神社、彌榮神社、長田神社、瓢箪山稲荷神社
池島村相撲 かつて河内の村むらには、力自慢が寄り集まる素人の「相撲部屋」がありました。秋祭りの時期にはあちこちの神社で夜相撲が、ときにはプロの力士を招いて盛大な興行が催されていました。
このような村相撲は江戸時代の終わりころから終戦直後までさかんでしたが、次第に姿を消しました。
この特別展示では、河内地方にのこる村相撲関係の資料と映像でかつての盛況をふりかえります。
歴史講演会  終了いたしました
10月8日(日) 午後1時〜3時
定員 先着80名 於:本屋



わしが知ってる村相撲

   山崎隆司氏 (頭取弓ヶ濱好一長男)

山崎氏は昭和49年の弓ヶ濱好一襲名披露を裏方で支えた人です。準備に奮闘したことや当日のようすを、スライドをまじえてお話ししていただきます。

大阪相撲の歴史

   飯田直樹氏 (大阪歴史博物館)

飯田氏は大阪相撲研究の第一人者です。この講演では、江戸時代以来の伝統をもつ大阪相撲の歴史を、素人相撲との関係などに焦点をあててお話ししていただきます。

ページトップへ
伝統芸能鑑賞会  終了いたしました
相撲甚句と和太鼓
出演 近畿相撲甚句会・轟友会

10月29日 1時30分〜3時
定員 先着80名 於:本屋
相撲甚句 相撲甚句は江戸時代享保年間にはすでにあったといわれています。地方巡業や引退相撲、花相撲などで唄われ、その哀歓あふれる調子で人々をひきつけてきました。
体験学習


綿くり・綿うち・糸つむぎ
終了いたしました

11月18日(土) 
午前10時〜午後3時
随時受付 自由参加 於:本屋


会所で栽培した棉をつかって、糸を作る行程を体験していただきます。当日午前中、小・中学生は入館無料です。

しめ縄づくり 終了しました

   指導 関谷 廣氏

12月10日(日) 
午前10時30分〜と午後2時〜
定員各20名 事前申込制

11月19日(日)午前10時より電話とインターネットで先着順受付。

お正月の玄関を飾るしめ縄を作ってみませんか。


ページトップへ
 行事案内のダウンロード