国史跡・重要文化財
鴻池新田会所
平成29年度秋・冬
催しのご案内

大雨や暴風の警報が発表されたときは臨時休館となり、各イベントは中 止されますのでご注意くださ い。



イベント申込
会所のあらまし
資料のダウンロード

大阪三会所絵葉書
ご観覧、貸室のご案内
鴻池新田会所への交通
過去の催し
お問い合わせ先
リンク
ギャラリー
・ 「会所を描こう」ギャラリー
・ 新田会所の雪景色
H21.1.19.文化財消防訓練



2017(平成 29)年度秋 ・冬の催し

  ● 9/20 講演会「田辺聖子と鴻池屋
                 -瀬戸内の港町からみた東大阪」

  ● 9/26~10/1 須田剋太展
  ● 10/7 歴史講座 「凹凸地形散歩の楽しみ方」
  ● 10/8 鴻池ジャズ・ストリート
  ● 10/9 コスプレフェスタ
  ● 10/15 史跡ハイキング
                  「地形の凹凸と河内摂津国境をたどる」

  ● 10/25, 11/1・8・15・22・29 近世史講座(全6回)
  ● 10/28 歴史講座
                「大阪の社寺をめぐる-景観をひも解くまち歩き」

  ● 10/29 史跡ハイキング 「明治18年淀川決壊地点へ」
  ● 11/3 鴻池新田会所寄席 素人寄席 天満天神の会
  ● 11/15 コスプレフェスタ
  ● 11/18/19 むかしのしごとワークショップ
                 「綿くり・綿うち・糸つむぎ」

  ● 11/21~26 企画展 「大阪の粋」
  ● 12/9 むかししごとのワークショップ 「正月かざり」
  ● 12/10 コスプレフェスタ
  ● 12/17 むかししごとのワークショップ 「もちつき」
  ● 2018 1/10~2/28 鴻池家寄贈民具展
                                 「むかしの道具いろいろ」


 催し案内のちらしダウンロード
9月20日(水)
講演会
「田辺聖子と鴻池屋
            -瀬戸内の港町からみた東大阪」

佐久間貴士先生(大阪樟蔭女子大学非常勤講師)
井上伸一
(東大阪市文化振興協会)

瀬戸内海の港町、御手洗町の歴史を振り返りながら、東大阪市にゆかりの人物について考えます。■午後1:30〜3:30、本屋土間。参加費無料。当日先着順、定員30名。









歴史講座
10月7日(土)

ブラタモリの案内人が語る
凹凸地形散歩の楽しみ方

新之介氏 (大阪高低差学会代表)

コンピュータを使った地形散歩の魅力、地形の読み解き方やそれらを活かしたフィールドワークの視点など、現地の写真と照らし合わせ、凹凸地形散歩の極意を解説します。■午後2:00〜3:30、本屋土間。参加費無料。定員100名、事前申し込み制。9月23日(土)より会所ホームページで、先着順受付。
●お申し込み受付は終了しました










10月8日(日)

鴻池ジャズ・ストリート 2017
ジャズ・コンサートと落語


REIKOクインテット、中嶋俊夫トリオ、畑ひろしトリオ、竹下清志トリオ、唐口一之クインテット、竹田一彦カルテット、落語:林家花丸他、城東工科高校。■午前10:00〜午後5:00、本屋土間。協賛券 前売り1800円、当日2000円。主催:旧大和川ストリート実行委員会(東大阪・鴻池ジャズ実行委員会、今米緑地保全会)、後援:大阪府、東大阪市、東大阪市教育委員会、東大阪市自治協議会、大阪芸術大学、東大阪商工会議所、東大阪市赤十字奉仕団、ふれあいまつり実行委員会、中鴻池リージョンセンター企画運営委員会。お問い合わせ:東大阪鴻池Jazz事務局info.kounoike@higashiosaka-jazz.jp


10月9日(月・祝)
11月5日(日)
12月10日(日)

コスプレフェスタ

コスプレとその撮影に参加希望の方は事前登録が必要です。一般ご入館者向けのコスプレ無料体験コーナーあり。衣装貸し出し無料、貸し衣装バージョンアップしました。■各日とも午前10:00~午後4:00。申し込み:COSJOY(コスジョイ)。ホームページ:http://www.comicon.co.jp/cosjoy/ 参加費1500円(入館料含む)。




史跡ハイキング                             
10月15日(日)

地形の凹凸と
河内摂津国境をたどる


微妙な高低差や流路跡を目印に平野・布施間に残るかつての河内摂津国境や村界を辿ります。案内者:別所秀高(会所学芸員)■午前9:00〜午後3:00。行程:JR平野駅、平野郷、正覚寺、四条、大地、伊賀ケ、矢柄、西足代、中川、大友、片江、小瀬、東足代、深江新家、近鉄布施駅。お申し込み: 10月1日(日)午前10:00よりお電話または会所ホームページにて先着順、定員30名。参加費無料。ただし交通費は各自ご負担ください。

●お申し込み受付は終了しました



歴史講座
10月28日(土)

大阪の社寺をめぐる
      -景観をひも解くまち歩き
植松清志氏 (元大阪市立大学客員教授)

「文化不毛の地」とまでいわれた大阪ですが、都心をはじめとして、江戸時代以降の景観や建築が多く残されています。大阪の豊かな歴史と文化を再発見する「路地の旅」です。■14:00~15:30、本屋座敷。参加費無料。当日先着順、定員30名。





近世史講座(全6回)

10月25日、
11月1・8・15・22・29日

(毎週水曜日)

江戸時代の水走村・加納村・吉原村・箕輪村・新庄村と三島新田を話題にします。講師:井上伸一(東大阪市文化振興協会)。■毎週水曜日、午後2:00~3:30。本屋座敷(日により居宅)。10月3日(火)午前10:00より電話で受付開始。申し込み先着順、定員20名。参加費無料、ただし初回のみ入館料300円が必要。





史跡ハイキング
10月29日(日)

明治18年淀川決壊地点へ



河内低地中・北部に大きな被害をもたらした明治18年(1885)淀川大洪水の決壊地点に近い市立枚方宿鍵屋資料館、淀川資料館とその周辺を巡検します。案内者:枚方宿鍵屋資料館、松田順一郎(鴻池新田会所)。■午前9:30〜午後3:00。行程は4〜5kmの予定。お申し込み: 10月17日(火)午前10:00よりお電話で、先着順、定員30名。参加費無料。ただし鍵屋資料館入館料200円,交通費は各自ご負担ください。




11月3日(金・祝)
鴻池新田会所寄席
素人寄席 天満天神の会

開場12:30 第一部 13:00〜14:10 天神亭わら司「子は鎹」天満家賢之輔「始末の極意」天神亭みょう雅「鴻池の犬」、第二部 14:20〜15:30 天満家は志か「次の御用日」天神亭つき日「延陽伯」天神亭酔千「掛け取り」、お茶子*紅梅亭 玉美・大川亭騒夏 ■定員80人、当日先着順。木戸銭無料、ただし入館料必要。連絡先:090-5468-9186 euauw200@ican.zaq. ne.jp ウェブサイト http://tenmatenjin.jp

11月21日(火)〜26日(日)
     企画展 
大阪の粋
 
    大正ロマンと昭和モダンの暮らし方


大都市として繁栄した大正・昭和の大阪には、和洋折衷しつつも、晴れの日と普段のめりはりある丁寧な暮らし方がありました。当時の着物や器類、雑貨を展示し、現代の家族の暮らし・食文化と未来の在り方を考えます。●大正・昭和の暮らし方と平成モダンの空間イメージ●北前船船主の家族のくらしをとおして●古今折衷のイメージテーブル。
●さらに詳しく

共催・お問い合わせ:Studio Tree 06-4977-1857、

●ウェブページ http://www.studiotree.jp/


むかししごとのワークショップ
11月18日(土)・19日(日)


「綿くり・綿うち・糸つむぎ」

会所で収穫した棉(わた)を使い、糸ができるまでの伝統的な技術を体験します。ご指導は「河内木綿 はたおり工房」のみなさま。■午前10:00~午後3:00、本屋土間付近。随時自由参加。関西文化の日協賛イベント。「関西文化の日」協賛事業。「関西文化の日」にあたり入場無料。






12月9日(土)
「正月かざり」
お正月を前にむかしの農家の副業であったしめ縄の作り方を習います。大人向けには稲わらを使った伝統的なしめ縄づくりに、子ども向けにはペーパーラフィアでのしめ縄づくりとミニかど松づくりに挑戦していただきます。講師:関谷 廣(農家)、ギークなおかん、川端 徹(家具職人)■午前の部 10時から/午後の部 1時30分から。事前申込制・先着順、定員各部とも大人20名、子ども20名。参加費無料、ただし入館料(大人300円・小中学生200円)必要。お申し込み:平成29年11月23日(木・祝)午前10:00より会所ホームページまたはお電話で受付。電話 06-6745-6409。


12月17日(日)
「もちつき」
会所のかまどで餅米を蒸し、杵・石臼を使って昔ながらのもちつきを体験します。■午前10:00~午後2:00 本屋土間付近。定員:子どもと保護者で参加可能な方10組(抽選)。お申し込み: 12月2日(土)・3日(日)に会所ホームページにて受付し、当選者には後日連絡します。参加費無料、ただし入館料必要。






平成29年
1月10日(水)〜2月28日(水)
鴻池家寄贈民具
むかしの道具いろいろ

小学3年生で学習する「むかしの暮らし」に合わせた展示内容です。期間中は鴻池家より寄贈された民具だけではなく、昔の風呂やトイレ、農機具なども見学できます。主な展示品:主な展示:鴻池家から寄贈された江戸から昭和時代の電気暖炉、火鉢、駕籠(かご)、蓄音機、暗箱(カメラ)、古銭、秤など約50点。



 ページトップへ