国史跡・重要文化財
鴻池新田会所
平成31年度春・夏
催しのご案内

大雨や暴風の警報が発表されたときは臨時休館となり、各イベントは中 止されますのでご注意くださ い。



イベント申込
会所のあらまし
資料のダウンロード

大阪三会所絵葉書
ご観覧、貸室のご案内
鴻池新田会所への交通
過去の催し
お問い合わせ先
リンク
ギャラリー
・ 「会所を描こう」ギャラリー
・ 新田会所の雪景色
H21.1.19.文化財消防訓練



2019 (平成 31) 年度春 ・夏の催し

4/2~【申し込み】史跡ハイキング
                「平野川を辿る、街道をゆく」

4/13・14 コスプレフェスタ
4/13 史跡ハイキング「平野川を辿る、街道をゆく」
4/27~5/5 コーナー展示 「菖蒲の節句飾り」
4/16~【申し込み】史跡ハイキング 「生駒山登山」
4/28 史跡ハイキング 「生駒山登山」  
5/1~【申し込み】近世史講座
5/3 茶会
5/6 伝統芸能鑑賞会 南京玉すだれ +α
5/9~6/6 近世史講座(毎週木曜日、全5回)
5/12 コスプレフェスタ
5/19 蓄音機コンサート+聞きくらべライブ
5/26 歴史講座 「河内平野の水域をめぐる話」
6/2 歴史講座 「第二寝屋川掘削の意義」
6/9 コスプレフェスタ
6/15~7/15 鴻池家寄贈資料展「鴻池家の茶道具」
6/29~7/7 コーナー展示 「七夕飾り」
7/6~【申し込み】木工のたくみ
7/20 むかししごとのワークショップ 「木工のたくみ」
8/10~【申し込み】藍染めチャレンジ
8/24 むかししごとのワークショップ 「藍染めチャレンジ」


 催し案内のちらしダウンロード
史跡ハイキング
4月14日(日)
平野川を辿る、街道をゆく
-暗越え奈良街道(1)


鴫野から低湿地帯を流れる平野川流路跡を辿り、玉造から暗越え奈良街道に入り深江を目指して歩きます。途中、平野川や奈良街道の成り立ちなどの歴史的な背景についての解説を交えながらほぼ平坦な12kmの行程です。 9:30~15:30。4月2日(火)10:00より電話もしくはHPより受付。定員:先着順30名。参加費無料(現地までの交通費はご負担下さい)。


4月28日(日)
生駒山登山
-地蔵を愛でハザードマップをよむ

音川・辻子谷コースの旧跡をたどるとともに、立体的に見た空中写真を参考にハザードマップに示された土砂災害危険区域を観察します。行程約8km。9:30~15:00。定員20人。参加費無料(交通費要)。4月16日(火)午前10時よりお電話で申し込み受付。参加費無料(現地までの交通費はご負担下さい)。
4月13・14日(土・日)、
5月12日(日)、
6月9日(日)

コスプレフェスタ
和装スペシャル


コスプレとその撮影に参加希望の方は事前登録が必要です。一般ご入館者向けのコスプレ無料体験コーナーあり。各日とも10:00~16:00。共催・申込:COSJOY(コスジョイ) http://www.comicon.co.jp/cosjoy/ 電話06-7173-9237。
参加費:1500円(入館料含む)。
コーナー展示 
4月27日(土)〜5月5日(日・祝)
    
菖蒲の節句にちなみ、
鴻池新田会所に残る菖蒲飾りを展示します。
5月3日(金・祝)
鴻池新田会所 茶会
本屋座敷・庭園で茶会を催します。江戸時代を代表する池泉回遊式庭園を眺めながらお茶をお楽しみ下さい。お点前は東大阪市茶花道協会の方がた。10:00~。お茶券400円(先着順100枚販売、売り切れ次第終了。入館料別途要)。



5月6日(月・祝)
伝統芸能鑑賞会
南京玉すだれ +α

南京玉すだれの実演と体験会を実施します。体験会では実際に玉すだれを操っていただきます。親子でのご参加を歓迎します。出演:河内小梅。13:30~15:30。参加費:無料(入館料要)


      
近世史講座
5月9・16・23・30日、
6月6日(各木、全5回)
毎週木曜日 14:00~15:30

江戸時代の菱江村・中野村・稲葉村・岩田村・若江村を題材とします。講師:井上伸一(鴻池新田会所学芸員)。本屋座敷。申し込み:5月1日(水)10:00より電話で受付。定員:先着順20名。参加費300円(初回入館料のみ)。

 
蓄音機コンサート
タンゴ・デュオとのとの聴きくらべライブ

松井久(蓄音機隊隊長:司会・解説)
隊員(敬称略):外園美穂 (ヴァイオリン)、生島大輔 (バンドネオン)

蓄音機によるSPレコード鑑賞会。第1部11:00~12:00、第2部13:00~14:00、第3部15:00~16:00部。各部ラテン音楽を中心に、世界の名曲をお届けします。
各部定員50人、当日先着順。 各部定員約50名、先着順。
飲み物は水筒・ペットボトルで持ち込めます。無料(入館料が必要)。

外園美穂: 京都市立芸術大学音楽学部卒業後、ブエノスアイレスにてミゲル・アンヘル・ベルテッロ氏に師事。2006〜2015年門奈紀生率いるオルケスタ・アストロリコで古今の様々なスタイルのタンゴを学ぶ。近年は、クラシック、タンゴ、ラテンジャズ、津軽三味線とのコラボレーション、現代詩の朗読と即興演奏といったジャンルを超えた活動展開をしている。
生島大輔: 作曲家、ピアノ、バンドネオン奏者。諧謔と自由を愛し、大衆音楽と映画音楽に影響を受けた楽曲をピアノとバンドネオンで綴る音楽家。ジャズピアノを清水武志氏に、バンドネオンを門奈紀生氏に師事。内外の様々なアーティストとの多岐にわたるセッション、バンドにて独自の活動を展開する。
歴史講座
5月26日(日) 14:00~15:30
河内平野の水域をめぐる話


別所秀高 (鴻池新田会所学芸員)


氷河時代にできた峡谷や今より少し暖かかった縄文時代に広がった海など、河内平野の水域の移り変わりについてお話しします。
本屋座敷、定員30人(先着順)、参加費無料(入館料要)。


6月2日(日) 14:00~15:30
第二寝屋川掘削の意義


松田順一郎 (鴻池新田会所)


河内平野南部を横断し、旧楠根川と一体化した人工流路「第二寝屋川」の治水的意義を、工事関係者の論文を読み解きながら考えてみます。
本屋座敷、定員30人(当日先着順)、参加費無料(入館料要)。


6月15日(土)
         〜7月15日(日)

鴻池家寄贈資料展

 鴻池家の茶道具

鴻池家当主は古くは表千家に師事し茶を嗜むいっぽうで、茶器収集にも傾倒していました。その様は古典落語「はてなの茶碗」にも登場します。新田会所に残された民具の中から鴻池家が使っていたと思われる江戸期から昭和初め頃の茶道を展示します。本屋、無料(但し、入館料要)。

コーナー展示                                                  
6月29日(土)〜7月7日(日)
          
七夕にちなみ、新田会所に残る苧環(おだまき)を展示します。笹を用意しますので、五色の短冊に願い事を書いて飾って下さい。             
むかししごとのワークショップ      
子どもゆめ基金助成活動
7月20日(土)
木工のたくみ

講師:川端 徹 (家具職人)

小刀や鉋(かんな)の使い方、木のクセを学びながら箸を作ります。
夏休みの課題としてチャレンジしてみて下さい。
幼稚園児・小学生・中学生対象(低学年は保護者同伴要)。
参加費無料(入館料要)。午前の部10:00~11:30、午後の部13:00~14:30。
午前午後各15名。
お申し込み:7月6日(土) 10:00よりインターネットで先着順受付。



8月24日(土)
藍染めチャレンジ
藍の乾燥葉から染め液を作り、化学反応を楽しみながらハンカチやTシャツを染めます。
幼稚園児・小学生・中学生対象(低学年は保護者同伴要)。
参加費無料(入館料要)。午前の部10:00~11:30、午後の部13:00~14:30。定員各部15名。
お申し込み: 8月10日(土) 10:00よりHPにて先着順受付。